場所(PLACE)一覧 >

ハモニカ横丁
HAMONICA YOKOCHO

吉祥寺駅北口にあるハモニカ横丁。吉祥寺の人気エリアの1つ。
終戦後に闇市として始まり、魚屋、干物屋、八百屋、赤飯、漬物屋など食材を販売する小さなお店が密集していました。その様子がまるでハーモニカの吹き口のように見えるということで「ハモニカ横丁」もしくは「ハーモニカ横丁」と呼ばれるようになりました。

ちなみにGoogleマップには「ハモニカ横丁」と表記されていますが、武蔵野市観光機構が発行するエリアマップには「ハーモニカ横丁」と記載されています。あくまで通称なので、どちらでも間違いではないようです。

現在でも闇市時代の雑多な雰囲気を残したまま、洋服屋、雑貨屋、立ち飲み屋、横丁ができた当時から営業している干物屋などが所狭しと軒を連ねています。リーズナブルで個性的なお店が多く、「流し」のミュージシャンも活動しています。

ハモニカ横丁は昼間から営業しているお店もありますが、活気づくのはやはり夜。
1人で歩いていてもお店の中から店員さんが元気良く声をかけてくれますので、「1人飲み」もしやすいでしょう。

立ち飲み屋も多くあり、仕事帰りのサラリーマンから学生まで和気藹々とお酒を楽しんでいます。

 

ハモニカ横丁の飲食店

昭和の雰囲気を色濃く残す居酒屋から、ラーメン、タイ料理、寿司、たい焼きなど、様々なグルメを楽しむことができます。

芸人・小説家の又吉も通っていたことで有名な居酒屋「> 美舟」、お手頃価格の焼鳥などを楽しめる「> てっちゃん」、ご高齢のご主人が1人で切り盛りしている小さな呑み処「> ささの葉」、財布に優しく気軽にお寿司を楽しめる「> 立ち寿司横丁」。


大将が握るお寿司や酒の肴も楽しめる小さな寿司店「> 片口」、ご両親と看板娘で元気に営業するタイ料理店「> アジア食堂ココナッツ」、タコライスと沖縄ソーキそばを提供する「> ハモニカ・クイナ」、魚介と豚骨を合わせたような濃厚スープに絡めて食べるつけ麺が人気の「> 麺屋武蔵 虎洞(こどう)」。


香ばしい羽付たい焼きと、強いコシのある団子を提供する「> 天音(あまね)」、1階はバーカウンター、2階はテーブル席でピザや肉料理などを楽しめる「> あひるビアホール」、餃子とアサリチャーハンが人気の中華料理店「> みんみん」、昭和26年創業の老舗ラーメン店「> 珍来亭」。

流しの歌人・南松(なんしょう)宏さんの歌声が、ハモニカ横丁の夜に響き渡ります。週末になると会えるかもしれませんよ。

MAP



SNS

Instagram、Twitter、Facebookページでも、吉祥寺の個人飲食店情報を中心に毎日発信しています。繋がりましょう。

> Instagram > Twitter > Facebookページ