和食(JAPANESE)一覧 >

さくら庵
SAKURA AN

2021.8.3

吉祥寺駅北口から徒歩約15分。武蔵野市立第四小学校の近く、閑静な住宅街にひっそりと佇ずむ釜飯・甘味処。
NHK番組「ブラタモリ」で吉祥寺が特集された際に、タモリも訪問しています。

お店は個人の一軒家の一角。緑溢れる玄関を通っていきます。
入口には小さな看板が立っていて、各種釜飯・あんみつ、夏はかき氷のメニューが掲載されています。

個人宅ということもあって、肩肘張らずに落ち着ける雰囲気。
カウンター席の前にあるキッチンも業務用ではないため、友人宅を訪問している気分になります。

店内奥のテーブル席では、綺麗な庭園を見ながら食事を楽しめます。

 

おこげも美味しい釜飯

釜飯のメニューはホタテ、鶏そぼろ、椎茸、ごぼうが入った「五目」。
鮭、えのき、椎茸、えりんぎ、舞茸、ぶなしめじが入った「鮭・きのこ」。
海老と椎茸を楽しめる「海老」。
鶏肉、鶏そぼろ、ごぼうが入った「鶏」があります。

また、季節限定で「牡蠣」「たけのこ」の釜飯も提供しています。

写真は鮭・きのこ釜飯と五目釜飯。どちらも1300円。
お出汁を吸ったお米は優しい香りと味。ほどよく香ばしいお焦げも楽しめます。
釜飯を注文すると、追加料金300円で小さなサイズのあんみつも注文できます。

 

かき氷も名物

夏の期間は自家製のかき氷も楽しめます。
山盛りに盛られた氷に鮮やかな赤色が綺麗なミックスベリー、果肉入りのマンゴー・いちご・あんず。
宇治金時、あずき、黒蜜きなこなどもあります。

店内には昭和歌謡が静かに流れているのも特徴的。
アン・ルイスの「グッド・バイ・マイ・ラブ」、寺尾聰の「ルビーの指環」、郷ひろみ・樹木希林の「林檎殺人事件」、沢田研二の「勝手にしやがれ」、テレサ・テンの「時の流れに身をまかせ」、ダウン・タウン・ブギウギ・バンドの「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」など。

釜飯と昭和歌謡がとてもマッチしています。

ADDRESS
東京都武蔵野市吉祥寺北町1-5-10
1-5-10 Kichijoji Kitamachi, Musashino-Shi, Tokyo

TEL (11:30-17:30)
0422-21-6231
+81-422-21-6231

REGULAR HOLIDAY
水曜日・土曜日・日曜日
WEDNESDAY・SATURDAY・SUNDAY

MAP



SNS

Instagram、Twitter、Facebookページでも、吉祥寺の個人飲食店情報を中心に毎日発信しています。繋がりましょう。

> Instagram > Twitter > Facebookページ